denの段だらウォーキング日記 5冊目

アクセスカウンタ

zoom RSS 170609藤野未踏峰制覇2/2

<<   作成日時 : 2017/06/09 21:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

行程:相模湖駅=(BUS)=石老山入口→顕鏡寺→融合平→石老山→大明神山→大明神展望台→大明神山北尾根→オオボッチ→山のはちみつ本店→(昼)→杉峠→日連山→宝山→峰→金剛山→コンビニ→天狗岩。497分、14.9Km

今日の探索は昨日に続いて藤野ですが、今日は石老山からスタート。石老山は何度かノミネートしたが天候不良で未踏峰のまま。ボッチヤマというのがあり、そこもなんとしても…。それから日連アルプスというのがあり、未踏峰が3っということで頑張ってみっか!
<概略ルート>

§1.石老山
上左:モノクロ写真のような感じですが、今朝は相模湖から、バスターミナルのモニュメントは前からありましたか?、左下:駅前の地図を貼り付けておきます、右上:バスで登山口に行くと、右下:大きな地図があったが中々約に立ちそうです
画像

 上左上:登山道へ入ると、水洗トイレがあり、上右:赤い欄干の関口橋を渡って行くと、上左下:”総理の衣を借りる”Y家氏のポスター#ここの選出代議士でしたか?、下左:ここを右へ入って、下中:長屋門のある立派な家の前を通て、下右:涸れ川を渡り、
画像

 下左:山頂まで2.5Kmらしい、下中:字が消えてますが、何と書いてあったんでしょう?、下右:昨日名倉辺りにもあった水力発電事業のホース箱、
画像


 上左:この階段を上がると、上右:相模湖病院へ、下:病院の裏側には登山者専用駐車場があり、登山開始
画像

 上左:綺麗な鉄板の橋を渡ると、上右:丁目石、下左:礫岩が多いらしいです#実際コブシよりも大きな石があって、岩からはがれて落ちてました、下右:花もいっぱい見れるのかな?
画像


 石の説明などがわかりやすいように、ここからは青色が仕切り。上左:登り始めると、石の階段、上中:いきなり小石を含んだ岩の階段です、上右:波不動、下左:大きな岩ですが名前なしで、丁目石があります、下右:滝不動の左側に、屏風岩、右下は行き過ぎて振り返って
画像

 上左:屏風岩の並びに、亀石みたいなのがあったが、上に木は生えてないし、登れそうにはなかった、上右:これも大きい岩、下左:六丁かな?、下中:ユキノシタ、下右:マムシソウ
画像

 上左:仁王岩、上と下であうん岩、上右:駒立岩、下左:力試岩・文殊岩、下中:参道へ出て、蛇木杉は八丁、下右:御神木か?
画像


 上左:顕鏡寺到着、上中:ユキノシタですがちょっと茶色い、上右:イチョウの大木です、下左:銀杏の左奥には鐘楼もあり、下右:本堂へ
画像

 上:本堂の下にトイレがあって、眺めがよい、下左:岩窟の前を過ぎて、下右:神社の鳥居を潜って、再度登山路へ
画像

 上左:十丁通過、上右:蓮華岩通過、下左:さくら道ってあるが、初めてだしそのまま順路へ、下右:鏡岩#この辺り岩が混んでて、重なってたりして、もうこんがらかっちゃう!
画像

 左上:鏡しわのすぐ上に吉野岩、左下:飯縄権現神社、中:擁護岩、右:試し岩#結構急な幟が続いて、腰痛持ちにはつらい〜よ
画像

 左上左:吉野岩を上から撮る、左下:巨岩の辺りを抜けて、左が開けたと思ったら、左上右:少し登ると八方岩、右上:さくら道と合流ですが桜見散ってどこ?、右下:結構暑くて、氷水を何度もすすりましたが、元気までは程遠い〜
画像

 下左:融合平に到着。上中、下右:相模湖がよく見え、下右:高尾山から陣馬山縦走路や笹尾根が見える
画像

 上:石老山は、石老山登山口からの尾根と、高塚山と大明神山の尾根が交差しており、下左:ピーク登って来たと思ったら、下中:山頂はあっちだって…
画像


 左上:石老山初見参、富士山どころか丹沢も霞んでます。3分では来れませんでした#顕鏡寺からの登りの標準時間が70分でしたが、106分もかかった!!、左下:パノラマ作成しましたが、石老山からも富士山見えそうですね、左上右:藤野の標識は694.3mですが、右上:実際は 702.8m #ふたつとも、右下:”山降りたらタクシー読んでね〜”ってこれから行く篠原はバス便がほとんど望めないのでいい話と思い、撮影#でも実際は乗り合いタクシーなので、予約とか運航時間に気を付けてくださいね
画像


 上左:山頂で公園の広場のような石老山山頂を撮影しましたが、左へ行けば高塚山なんですが、片道1Kmで往復すると1時間以上かかりそうなので、今日のペースでは大変だと思いパス、上右:大明神へ、下左、下中:篠原方向の分岐、そっちへ降りたいけど大明神へ
画像

 左:途中急降りとかありましたが、中、右上:大明神山へ、右下:さらに降りて、展望台方向へ行きます
画像

 左上:明神展望台までは10分強、右:今の時期360度の展望はなくて北側だけですが、パノラマは富士山が入るように広角にしましたが、わからないです。三頭山から景信山辺りが見えている?#やはり冬に再訪かな?、左下:テーブルの左側に降りれそうな踏み跡があって普通は右へ行くのですが、北へ降りれるか確認することに
画像


§2.篠原(しのばら)へ
 左上:踏み跡は怪しいですが、そこそこルートが見えてるのかな?、左下:赤いテープもあって見逃しようがないかなと判断したので、大明神山北尾根を降りることに!するとGPSの電池が切れた!急降りで落ちないように注意して電池を交換、右上:赤いテープを追いかけると、この大きな岩をぐるりと迂回しなきゃならなった、右下:急降りは続き、ヤブレガサかな?
画像

 左上:山山椒かな?とても臭い匂い、中上:振り返りですが、すごい急降#玄倉の日影山より、捕まるものがなくてきついを経由して、下左:劇やぶになってしまいましたが、中下:鉄塔に出て#降りれそうだと安堵した、右:その先東電の作業経路の割りにはひどい#ロープを持参してましたが使わず、
画像

 左下:明神展望台からねん坂へ降りるとこちらに降りてくるようですが、左上:その下山ルートで左曲がると、ここへ降りるようです、中上、右上:大明神山北尾根ルートはこちらへ降ります、中左:ボッチヤマに近いところでしたが、ヤブが濃い、右中:前回ここから入ったんですが急なので、右下:少し戻ってみると、こちらも足跡があるようなないような…諦め
画像

 上左:コボッチの下にある鉄塔の辺り、上右:前方にこれから行く日連山、下左:樹間にオオボッチ、下中:コボッチ、下右:両ボッチ(写真家の三宅岳さんによれば没地らしい)
画像

 上左:篠原へ入る、上右:鉢岡山は篠原の北にある鬼門の山、下中:ここから右に曲がって、下左:山のはちみつ本店へ寄り、下右:アカシヤのはちみつを購入#いろいろとおかみさんと話したんですが、疲れ切ってタクシーを呼んで欲しかったのですが、行先の辺りはなんていえばいいの?→新和田、じゃあタクシー会社教えて下さい→××まで行かないと呼べない、?(そこがどこか、地名じゃ、わかないなぁ)、前に来た時にもお店のベンチで昼飯を食べさせてもらったんですが、車で送るとか言っているので、丁重にお断りしてそのまま歩いて行くことに
画像


§3.日連アルプス
 上:やまなみ行きの道路を途中で山側に入って、この角で昼ごはん、下左:前回はここから鉢岡山へ登ったが、下中:鉢岡山登山口とありますが、下右:地図では実線の道路があるのだけど、実際ののところに道はない
画像

 左上:新和田から杉峠を目指して、坂道を登る、左下、右上:右手が開けた場所から。高尾山が見えるのかね?、右下:杉峠は五差路の分岐ですが、
画像

 左上:交差点の、下中:金剛山のルートの下に、下右:今来た鉢岡山からのルートが混じっている
画像


 左上:宝山方面へ向かうが、道に入ると、すぐに宝ノ峰の祠、左下:新緑が綺麗です#藤野は三浦半島に比べると少し寒いので進行が遅いのかな?、中:ヤマボウシ、右:途中でリュックをデポして、日連山到着
画像

 休むことなく、少し先の宝山へ。上、下左:宝山到着、三角点もありました、下中:宝山の下山路の標識、下右:五差路に戻り、
画像

 上左:峠からの歩きなので、登り基調で、上右、下左:峰山・八坂山の分岐を経て、下右:祠がある金剛山へ。これで日連アルプスはピークハントしましたが
画像

 左:藤野町の標識ですが、標高が違ってて410m→419.8mと修正してありますが誤差が大き過ぎ!、中:金剛山BS側に下りましたが、初めは緩い道でしたが、右上:すぐにザレ道の滑りやすい急降りが続き、右中:途中山側に入ってたりして、右下:きっと階段がある降りと思っていたんですが、つらい降りでした#赤沢BSへも健康急な道を降りるみたいです
画像


ポイント
・今日は暑さ対策にコンビニの氷をサーモスの魔法瓶に入れて、水パック1Lの水を入れていつでも冷たい水を飲めるようにしました。氷は半分くらい無駄になりますが、袋に入れて保冷材にして、昼飯を保護した。なかなかいいかも?
・腰痛の治し方について真面目に対応しなきゃ!腰ベルトして歩けるけど凄い遅いんじゃこの先の山生活はいい過ごし方出来そうにないよね。少し勉強してどういう対応があるのか調べてみようと思います
・未踏だった石老山や日連アルプスの日連山、宝山、日連金剛山を踏破できてうれしいのですが、今日もl高塚山、オオボッチ、コボッチの三座が残ってしまいました。次は秋にでも、篠原小学校跡に泊まって、三宅さんと一献交わしながら、残りと伏馬田城址などを巡ろうかと思います

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
170609藤野未踏峰制覇2/2 denの段だらウォーキング日記 5冊目/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる