denの段だらウォーキング日記 5冊目

アクセスカウンタ

zoom RSS 161211三浦半島縦走検討。久里浜霊園〜三浦富士〜横通〜岩戸〜金子隧道

<<   作成日時 : 2016/12/11 18:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

行程:京急長沢→久里浜霊園→霊園奥→霊園分岐のピーク→三浦富士→オレンジルート分岐→砲台山分岐→武山手前横通分岐→YRP入口→岩戸養護学校→三角点→金子隧道上→山科台配水池→衣笠城址BS=(BS)=横須賀中央。227分、9.9Km

今日の散策は、三浦半島縦走の未踏ルートの横通〜岩戸〜金子隧道を歩こうと出かけましたが、160116に京急長沢から三浦富士に行った時に仲間が久里浜霊園の方に間違って行ったことがあり、逆に霊園から三浦富士を目指してみる
<概略ルート>

§1.久里浜霊園から三浦富士・武山HC
 左上:今朝も一段寒くなって、雲が出てます。遠くは晴れて、千葉の工業団地がよく見える、左上:雲の間に穴が開いて天使の梯子状態、中:駅のポスター海軍改め海自カレー、右下:新しい看板がありました
画像


 上左:久里浜霊園へ回りますが、庚申塔がまとめられていました、上右:細い道を通り、下左:もう水仙が咲いていました、下右:細かい装飾の霊園の入口に到着#浄土真宗東本願寺派 聖徳寺
画像

 上左:案内図がないので、道なりに行ってみると、海が一望でき、朝の天使の梯子のおかげで遠望できる、下左:久里浜の横須賀火力発電所やごみ処理場、下中:鋸山と富山が見える、上右、下右:仏像が多い
画像

 左:三浦大仏(山越阿弥陀如来)が見えて来たので先を急ぐが急な坂でしんどい、墓参りは大変そうだ、中上:左手にあった石像、中下:大仏の先に五重塔、左上:直登の階段があったが、緩い坂を行くと、右上:また石像、右下:五重塔の左側へ
画像

 霊園の一番上には、左:また一杯の石像、右上:中央の掌の奥には釈迦誕生の図の模様、右中:振り返って、右下:山道への取付を探すと、掌の右側の小さな登りから
画像


 上左:山道へ、下左:緩やかな登りで#はなから結構登っている、上右:左手に大きな岩#箱根なら金太郎のお手玉石とか名前を付けるだろう、下中、下右:2mくらいの大きさ、裏側はHC
画像

 左上:公園界の標識、左下:160116になかなか戻ってこない仲間を迎えに追っかけて来たけど、どの辺りかわからなかったが#行っちゃっても仕方ないか?、少しずつ登って、中:この辺りがピークだけど、巻き道への降りは分からなかった、右上:巻き道に出合、右下:左手に三浦富士(山名は富士山)が見える
画像


 左上:絶壁の坂、左下:若宮神社の分岐へ到着、中:こういう標識があったんですね、右上:その長沢方面、右下:富士山方面の様子ですが、どっちへ行っても長い階段です
画像

 上左:霊園分岐の山#五重塔が見えます、今日は富士山が見えました#なかなかいいです
画像

 右上:なんとすみれです。早いですね、左上:砲台道です、左中:オレンジルートの分岐、右下:少し先の休憩場からは、三浦半島がよく見えます
画像


 上左:砲台山(大塚山というらしい)分岐、上右:何カ所かに落石注意とあったがここ?、下左:ここの”ここはハイキングコースではありません”を右へ下る、下中:坂を降りて前方と、下右:振り返って入口
画像

 左上:尾根の横をトラバースする感じの緩斜面、左下:大楠山が見える、右下:落ち葉の小径を下って、右上:出口付近、右下右:横通が見える
画像

 上左:ダンプ置き場のところを右へ入り、上中:竹林を抜けて、下左:バス通りへ出て、横通の横、YRPの入口、光が丘バス停に
画像


§2.岩戸〜金子隧道
 左上:この先の地図。岩戸養護学校から山科台まで2Kmのルートですが、アップダウンがあり狭くなかなかの小径です、左下左:光が丘を下って、右上:最初の信号の左に公園があって、公園から出れるかと思ったがだめで一周しましたが(地図の@)、左下右:養護学校の南側の小径を入る、右下:ピンクや黄色のテープならぬ杭があったが、そのまま真っすぐ、
画像

 左:学校のネットの最後のところから坂になって、中:矢印に横通が見える、右上:丸太のコンクリート?、右下:整備されたHC(だった)みたいです、
画像

 上左:すぐに分岐(A)ですが、上右:左が武へ行くみたいです、下左:緩やかに登って行きますが、下中:急登になり、ピーク(B)から横通が見える
画像

 その先に鉄塔が2系統走っている。電線の弛みはカテナリー曲線として数式がある
画像

 上左:右手には岩戸住宅街、上右:もう1系統電線がクロスして、下左:これは三浦アルプスにもあった海軍の軍標ではないか?を通って、アップダウンが続く、下中:コンクリートの柵(C)は下が霊園なのでその敷地界のものか?、時々こういう切れている箇所があって、下右:急降の分岐になっている
画像

 上左:緩やかな尾根道を楽しんで行ってると、下左:柵と東電ネット道の道もあり、、上右:柵が離れていて、下中:下が厳しいので、下右:ネットのある方へ降りると、
画像

 さっきの鉄塔の次の並び東京南線1・2号と3・4号線とわかる、下右:しかしこのまま行くと武の交差点の方へ行くみたいでミスルートしたみたい(D)、
画像


 2枚前の上右に戻り、左上:また久しぶりに丸太の階段を過ぎて、左下左:急登を登ると、左下右:三角点(E)へ。荷物を置いて、行動食で持ってきた菓子パンを2切れ食べて、右下:三角点の奥にも道が伸びているが崖で進めない、右上左:三角点から右手へ降りて、
画像

 左上:藪っぽくなってきたなぁと記念撮影したが、左下:この辺りがP108.1、急降(F)になり、電線でロープが下がっていた、右上:この辺りが金子隧道の上で、右下:配水池が見えて来た
画像

 上左:武山が見え、下左:階段を降りて、上右:振り返って、下右:右手から衣笠城址へ横横のインターから回ったが、山科台の配水池から左へ回った方が金子隧道の三崎側に降りれてバス停は近いみたい
画像


ポイント
・なんか二つともクリアしてしまい、うれいいのなんの。13時くらいだったので、今日は家に帰って”とりあえず”
・大畑橋から山科台へ草原の道があって、今は入れないが西武が住宅開発に着手するらしいので、何年かしたら、通れるようになるかもしれない

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
161211三浦半島縦走検討。久里浜霊園〜三浦富士〜横通〜岩戸〜金子隧道 denの段だらウォーキング日記 5冊目/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる