denの段だらウォーキング日記 5冊目

アクセスカウンタ

zoom RSS 160610チャリで、海街ロケ地+鎌倉史跡探索

<<   作成日時 : 2016/06/10 17:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

行程:追浜→ピーチ・マフィン→小坪コンビニ→ハゲ山小壺大切岸上光明寺裏(小壺大切岸下×)住吉社/住吉城址豆腐川の橋稲瀬川河口/麻心桜橋→稲小→忍性墓×→月影地蔵→四辻→忍性墓×極楽寺西祠?聖福寺跡稲村ヶ崎の海岸腰越漁港江の島・文佐食堂→カフェマル/昼→材木座→新逗子〜東逗子の裏道→追浜。357分、44.4Km(うち徒歩は87分、3.2Km)。海街ロケ地史跡探索

今日は暑かったですね。でも、空は真っ青で、風切って走ったし、気持ちいい!チャリで散策の下見、結構いいかも!まあ駐輪できる所がなかなか見当たらないのが難点です。
<概略ルート> 赤が往路、チャリで移動しながら、時々散策、黄色が復路で、割合最短で帰って来たみたけど、逗子の辺りはバス通りの一本山側を通ってみた
画像


§1.山猫亭
 上左:京急田浦と逗子を結ぶバス通りで、下左:田越川へ、上右、下右:その辺りに山猫亭のロケ地。パブみたいです。シラストーストはあるのか?
画像


§2.ハゲ山、住吉社(住吉城址)辺り
 鎌倉五芒星の逗子の小坪の辺りにある姥子台を探しているが、左上:今回は地図でいうと右上のハゲ山から、左上の大切岸へ回って、左下の小坪辺りへ*1、上右:コンビニから坂を登ると、急坂になって、前方のこんもりした森が見える、道なりに行くと、小高い丘。チャリを置いて、丘に登ると、下右:晴れたら富士山が見えそうな一等地
画像

 左上:ハゲ山の地図が見つからないと思うので、ここだけ掲載、チャリを置いたのはF、登って西の端から、右回りに移動するが、右上:東の方向、右中:少し行くとちょっと諸上がったポイント。最高点かもしれない#一応ハゲ山山頂。よく見ると、右奥の方に二子山が見える、左下:前の地図の@の辺り、北西に降りれそう、Aは降りると小坪1、県所有地の看板
画像

 左上:Bへ向かう、左下右:小坪1への降口、左下左:もうこの階段を降りて終わりかと思ったら、右上:崩れかけた岩や細い道がある、右下:石段を降りたら、犬の散歩の奥様にご挨拶いただきました#こんなところにこんなスペースがあっていいんでしょうか?
画像


 次は坂道が相当きついと想像できる小壺大切岸へ。上4枚。上左:1中の東側の南北に延びる小坪6の一番奥が次の目標だが、上右:一般タク?、よく見ると空地への階段がある、下左:草地が広がる、下右:ロープの向こうに由比ヶ浜が見える
 下4枚。左上:もう少し前に出て、左下:足元をのぞき込むが草が多く全然切岸は確認できない、右:隅っこにはお稲荷さん、
画像


 この1中の辺りは前にも来たし、逗子市境を探索した時にも通っている。切岸を上から確認できなかったので、光明寺裏手へ回って下からみてみようと移動。上左:眺望の地の碑からは何も見えず、下中:その先に二つ展望台があって、上右、下左:少し角度が違う景色が楽しめる。どちらも富士山が見えそうだ、下右:展望地の先に光明寺へ降りれる道があるみたい。しかし肝心の大切岸下への道は通行できないみたい
画像


 さて、左:1中のトンネルを降りて、正覚寺・住吉社へは、中:前回も駐輪させてもらった飯島公園プール?でチャリを置いて、右下:歩いて向かいます
画像

 左:正覚寺は右の階段ですが、中:行止りの先の、上右:奥のここから入りました、右下:登って行くと、正覚寺境内からの階段があります
画像

 中:見ると苔むし過ぎの階段は擦り切れて、上左左にはヤグラかと思ったけどゴミ捨て場かな?、右上:階段を登り、お社へ、左下:お社の右側にこの祠がありますが、
画像

 左上:トンネルがあります、一人じゃいやだなぁと思いながら、懐中電灯を出して前へ、中:行止りです#隙間がない、左下:すぐに引き返す、右:帰りは正覚寺境内を抜けて、
画像


§3.材木座〜稲村ヶ崎
 上左:材木座から由比ヶ浜を抜けて、極楽寺の西側の史跡へ向かいます、上右:)左の地図にはなく、§2の最初の地図*1を見て)R134に架かる豆腐川の橋の、下左:さらに海岸側に橋があり、佳乃がたたずんでいた、下右:季節は海の家の準備時期になりました
画像

 上、下左:佳乃が恋人と喫茶していたお店。2階です、右下:すずと佳乃が駅まで駆けていた極楽寺の桜橋
画像


 上左:稲小の先から忍性というひとのお墓探し。校庭とフェンスに阻まれる、下左:仕方ないので、次善策へ。月影地蔵から四辻の階段の坂道をチャリを押して向かう、
画像

 左上:四辻にチャリをデポして、稲村ヶ崎方向の尾根道の最初の左への分岐を曲がってみる#忍性墓の上へ出て行くはず、左下:急で藪っぽく、左へ降りて行けそうな路はなく、中上:右手に子供の声が聞こえるが(グラウンドで運動会の練習中みたい)、中下:道を引き返して、その先の左へ行けそうな所へ#こっちは忍性墓ではなく、霊鷲山(極楽寺の山名)の山頂を探す、右上左:すぐ虎ロープがあって行止りとおもったら、左側に踏み跡がある、右下:ちょっとヤブっぽかったけど、右上右:洞があった
画像

 左上左:その先へもっと道が続いている、左上右:左手にはグラウンドが見える、左下:東屋がある、右上:ここが霊鷲山?、右下:レールに、かまど?レールが下に向かって設置されていて、鎌倉市の杭なども打ってあった。一体ここは何?#レールに沿って歩けそうだったから、歩いて下まで行けばよかったな!
画像

 チャリに戻り、左:熊野権現社から下るが、持ち上げて降りないと無理、中:鎌倉幕府を滅ぼした新田義貞は、”聖福寺に陣を張り、裏山に陣鐘を吊るして打ち鳴らした(陣鐘山)”と謂れ、その聖福寺跡碑、右:その碑の横に、稲村ヶ崎5丁目の一番山の上に公園
画像

 一気に坂道を下り、左上:稲村ヶ崎駅、左下:幸が恋人に一緒にアメリカには行けないと告げた丸い階段#丸い階段一杯あるかここかどうかは?、中:明らかに稲村ヶ崎が写っていたので、4姉妹が歩いた海岸と思うが、ちょっと汚いね、右:貝殻も見つけた#映画ではすずが拾ったけど、七里ヶ浜かもしれない
画像


§4.腰越〜江の島と復路
 上左:エノシマは駅名は江ノ島、地名だと江の島でいいのかな?、今回のロケ地の目玉は海猫食堂。イザ江の島!、上右:すず達がシラスを運んだ腰越漁港#漁港内のお店で何度かシラスを買って帰ったことがありますが、今日はお店が開いてない、下左:江の島へ、海猫食堂こと文佐食堂へ#でも閉まっていた、混んでいる店もあるが、すいている店を探しに裏通りへ
画像

 少し街をうろつくけど、混んでる店が多く、下右:結局、茶店で昼食
画像

 復路。左上:稲村ヶ崎の峠。前回ここを通ったら、警備員が写真を消せ!って怒鳴られた。工事の写真は撮っちゃいけないんだって。今日は彼は何処にいるんだろう?、左下、右上:逗子へ戻って来た。少し交通量の少ない所を通ろうと、バス通りの1本北側の路地を行くと、下右:沼間交差点へ
画像


 今日の出会い 上:アフリカ浜木綿、アルストロメリア(百合水仙)、下:チョウセンアサガオ、鹿児島の県木のアメリカ梯梧(でいご)(海紅豆(かいこうず))、?
画像


ポイント
・姥子台はどこ?まあ私有地なのではと思われるが。先日シーサイドコート逗子望洋邸を訪れた際に、右手の山に整備された公園みたいなところがあったが、あそこかな?#豪邸だね
画像

・もう後は、ラストの方ですずとはるかが登った山(衣張山)からの眺望か?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
160610チャリで、海街ロケ地+鎌倉史跡探索 denの段だらウォーキング日記 5冊目/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる