denの段だらウォーキング日記 5冊目

アクセスカウンタ

zoom RSS 160321鎌倉古道上道を行く4。高崎〜藤岡本郷第1踏切

<<   作成日時 : 2016/03/22 12:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

行程:高崎→高崎城址→南高崎踏切→琴平神社→常世神社→定家神社→一本松橋→高崎商大→山名八幡宮→松ノ木瀬橋→吉良上野介陣屋跡→上信越高架→JA平井→千部供養塔→緑埜橋→庚申山登山口→美久里東小→本郷第1踏切→神流川土手→群馬藤岡=(taxi)=新町。466分、28.7Km
ちょっともうやめようかと思う位の失敗と思っていたが、対策が見えそうなので気を取り直して、題を修正して藤岡本郷第1踏切。藤岡鉄橋の方がいいかな?

今回は、先日焼津行きで買った青春18切符の消費ということで、急遽鎌倉古道を”向こうから”。実は15日に出かけたんですが、籠原で火災事故があって電車が停まって、計画は中止しました。今回のコースでは高崎城址の側を流れている烏川に合流する大きな川を3つ渡りますが、コース設定をするのに、道に沿って作画してくれるピッタとモードと、入力したポイントを繋ぐモードがありますが、ピッタとモードが、オンとオフではかなり違う結果になるのですが…
<概略ルート>

§1.高崎駅〜高崎城址〜高崎商大
 左上:まず地図。左上の高崎城址から右下の八高線児玉駅までは最低でも行きたい。できればその先の用土駅まで行けないかな?との思い、左下:高崎駅が随分変わった!ここ数年色々な周辺の町を合併して、赤城山や榛名山までの大きな町になったみたいだが、降りたのは20年ぶりくらいかな?右上:西口が2階建てになってた、右下:映画の街造りに躍起のよう。新セーラー服のロケ地の模様
画像

 上左:市役所も昔とはだいぶ違うけど、これは正月の駅伝で見て知っている、下:こちらも桜がだいぶ膨らんでいる、所で僕が通っていたころの市役所はどこにあったんだろう?
画像

 上の城跡の看板の辺りで知らない人に声をかけられて、”隣の公園に寄ってきな。奥に神社もある”と教えていただいたので、行ってみると、左下:烏川の向こうに山並み#浅間山は見えてないみたい、下中:高崎八景がある、下右:観音様が見える
画像

 左:教えていただいた頼政神社へ寄り、右下:内村鑑三の碑もあったが、幼少の頃ここに過ごし英語を学んだようだ
画像

 左上:隣のお寺からコースに戻って、左下:歩いて行くと、温泉があった#現在は温泉は掘れば出てくるとはいえ、高崎周辺には温泉が多い。温泉付きの豪華市内ホテルならわかるけど、冒頭にも言った、町も拡大して温泉地がとなり町でなく同一市内になってしまったし、高崎のど真ん中にも温泉が欲しかったのはなぜ?、右下:城南地区を行って、烏川に架かる城南大橋の辺り
画像

 右上左:振り返ると左 浅間山、右端に観音様が見える、高架を渡ると、左下:城南小学校の前に鎌倉街道の碑と上信電鉄の南高崎踏切、踏切を右の方へ回ると、右上右、右下右:人道橋があり渡る
画像


 左:渡ると右手に琴平神社、左手に荘厳寺#そうか、お彼岸か!
画像

 左上:新幹線の高架をまたいで、先へ行くと、碑が多くなって、左上右:秩父巡礼の道しるべ、左下:道標ですが、右 高崎、左 山名かな?、右:佐野の舟歌という謡曲の碑
画像

 左:ちょうど西光寺の前で、新幹線側に降りれば烏川で、佐野のわたし駅がある、中:50m右に神社があるようだ、右:行ってみると、これも謡曲の言い伝えがあるようだ
画像

 道を戻って、先へ行くと新幹線の橋げたを潜って、左上:定家神社、左下:小さな神社ですが放光神社、中:狭い路を来ましたけど、この辺からちょっと広い道ですが、歩道がない所もあってちと怖いです、右上:左の方に赤城山が見えて来た、右下:新幹線を再び潜ると、
画像

 左上:一本松橋が見えてきて、橋の左側に高崎商大。これから前方の里山の裏側を歩く、橋の上から何枚か、左中:西側のパノラマ、雪山が浅間山ですが、左下:ちょっと拡大してみると、右の方に白いお姿が、右上:高崎観音が見えます。奥の尖がり山が浅間隠山、右下:だいぶ雪が少ないですが、23日の雨でまた雪山に戻ったようですね
画像


 左上:橋を渡ったら、もっと右手にまた雪山。尖がった山が子持山、左下:左 武尊山でしょうね、右は赤城山、右:高崎商大に寄る#コンビニもなくて、トイレ貸してもらう#ありがとうございました
画像


§2.山名〜松ノ木瀬橋
 左上:上信線の電車に会う#祝富岡製紙場って、交差点を過ぎると、右上:山名八幡宮の鳥居。寄っておこう、左下:山名駅があった、右下:軽団へ入る#安産の神様みたいで、それらしきご夫婦がいた
画像

 駅にも寄ると、まず左上:関東ふれあいの道があるのですね。古墳も、左下:本数は1時間に2本位、右上:沿線図がありました。妙義山や荒船山へのアプローチに使えそうです、
画像

 左上:ビルの上に家。前にも何処かで見たような気もする、ちょっと行くと、左中:この先行止りの看板だけど、行けそうなので行ってみると、右:もっこりとこんもりと。山名古墳群だそうです、前の写真でも山ノ上古墳の看板がありましたが、ここにも
画像

 上左:庚申塚ですが、頬に手を当てているのは、二十二夜塔とあり、月待塔の一環#月齢の夜に,月の出を待ってこれをまつる行事。三日月待,十六夜待,十七夜待,十九夜待,二十二夜待,二十三夜待,二十六夜待などある、上右:真西に進路が変わって、一本松橋から見えた里山の裏山を歩き出していますが、これは富士講だろうか?#先程の古墳の所にも祠はあった、下:前方に西の山が色々と見えてきて、下右:妙義山じゃ!#路線図みてなかったら気がつかなかったかも?
画像

 上左:この辺りの地図。吉井町の鏑川。青が計画、赤が実際の軌跡ですが、上中:この辺りは地図の右上隅、上右:地図の右上の卍がこの真光寺、下左:MAXの広い工場の先に、これ渡れないでしょう〜の場所、下右:GPSを見るとこんな感じ、
画像


§3.藤岡入り〜本郷第1踏切〜群馬藤岡駅
 迂回路を検討して、上左:松ノ木瀬橋へ。渡ると藤岡だ、上右、下右:橋の上からパノラマ、下左:浅間山の左に妙義山の図、下中:橋があれば(ないけど)ここへ来てたはずの場所へ
画像

 前の写真の検討図の場所へ戻って先へ#養鶏場があって匂いがきついい。そういえば桐生の会社へ出張していたころ、高崎のベンダーさん経由で行っていたので、途中匂いがきついところがあったなぁなどと思い出す、上左:ぐんまちゃんの先へ行くと、上中:松ノ木瀬橋の道へ合流して、上右:坂を登って畑のど真ん中で、中:振り返ると赤城山の方かな?、下:前方は埼玉との県境の山並#関東ふれあいの道が多い山々だ
画像

 下っていくと、吉良上野介の陣屋跡#吉良(領地は吉良吉田町)といえば愛知だとばかり思っていましたが、上野介だから群馬か?、高速の音がだんだんと大きくなると、下右:この石塔があって、
画像

 左上:上信越道を潜って、左下:緑埜地区へ。JAで少し休憩#相変わらずコンビニなし!、右上:赤城山だが、朝よりだいぶ晴れて来た、右下:少し行って平井小の辺りでは赤城の右手も見える#日光白根など見えているハズ
画像

 平井小から少し道をロストしているが、千部供養塔へ到着。右下右:クリーンセンタの横を行くとまた川!、左上左:また迂回路を検討したが、戻るか先へ行くか迷う位大きな回り道だ!
画像

 上左:戻って、左隅が平井小#なんとなく無駄な移動?、下:鮎川に架かる緑埜橋から、彼の男性は魚掬いをやってました#網を持って、足で掬う。懐かしい光景、上中、上右:北野神社とその先鮎川地区にまた鳥居#鳥居だけで本殿はどこ?先程の北野神社かな、
画像

 その先へ行くと、上左:大きな家が多く、家に井戸がある、上右:前方に雑木林、里山っぽい。県道13号と175号をまたいで、下左:浅間山が見えて、下中:右手の埼玉との県境の山が気になる。右端にアンテナが一杯の山、下右:調べると→牛伏山という490mの山。県境のだいぶ手前
画像


 上左:こういう道標がまたあったけど、読めない…、上右:里山風な雑木林は庚申山#眺めがよければ登ってみたいところだが、下左:手作り村の手作り看板、下右:すぐに右手下に自動車学校
画像

 上左:道なりに行くと龍田寺、下左:その先に地蔵がいて、そこを左へ行くと、上右:”これぞ関東平野〜”みたいな感じになり、下中:ほとんど標識がないので、”ほんとに鎌倉街道?”って思ってしまったけど、やっと会えた標識、
画像

 上左:畑の真ん中にある祠、葵八幡の板碑のある社かな?、上中、上右:この辺りが南下の終点、下左:この先は北上して、前方に赤城山
画像

 上左:この辺りの地図、上中:本郷第2踏切、下中:本郷第1踏切。今日の古道歩きの終点になる、下右:こちらが神流川に架かる鉄橋*1
画像

 下中:午後4時近くになっており、八高線へ回るのはやめて、武蔵藤岡駅まで行きましたが、下右:1時間に1本しかないことを知り、高崎線へタクシーで廻りました#青春18切符のコストカット分全部吐き出してしまいました。新町駅に着くと湘南ラインが停まっていて駆け込んだ
画像


 今日の出会い 上:スズラン#高崎にはスズランというデパートがありました、ベニコブシ、ベニコブシ
中:カンザクラ?、フクジュソウ、レンギョウ
下:ヤグルマソウ、ユキヤナギ、ネギボウズ
画像

上:ショカッサイ、シデコブシ/フジ?
中:タンポポ、タンポポ、モモ?
下:ヒュウガミズキ、スモモ?、アセビ
画像


<鎌倉古道記事のIndex>
 151130鎌倉古道上道を行く1。町田〜永山
 160201鎌倉古道上道を行く2。鶴岡八幡宮〜下倉田
 160228鎌倉古道上道を行く3。下倉田〜町田
 160329鎌倉古道上道を行く5。本郷第1踏切〜小前田
 160330part2鎌倉古道上道を行く6。小前田〜武蔵嵐山
 160405鎌倉古道上道を行く7。武蔵高萩〜武蔵嵐山
 160406鎌倉古道上道を行く8。武蔵高萩〜所沢

ポイント
・GPSにルートを入れて行くとだいぶ楽に歩けますけど、そのルートが間違っているとなると、地理の調査不足で補正が難しいです。”やっちまったなぁ〜”って感じです。今回の地図は、割合詳しい鎌倉古道のサイトがあって、それを自分で入力したのですが、全長150Km位になるので、ちょっと修正などするとズレたことなど気付かない…。再度主要ポイントをチェックして、また行こう→チェック完了
・それから今回城南の辺りへ行くと、コンビニもトイレもない状態に#その先もそうだけど。お弁当持ってかないと歩けません
・どうも*1で、鉄橋を渡るのが正解かも?#調査中
→一応藤岡と神流川の間の対策が見えて来たので、近々また18きっぷを使って再訪することにした(3/22)
・高崎八景というのをURLをリンクしたが、今一つ状況がわからない。名前だけ掲載しておく→ちょっと情報がない。これ以上報告できませんが、あしからず
「烏川渡舟(からすがわのとしゅう)」
「浅間暮雪(あさまのぼせつ)」
「清水晩鐘(きよみずのばんしょう)」
「半田夕照(はんだのせきしょう)」
「石原晴嵐(いしはらのせいらん)」
「佐野落雁(さののらくがん)」
「古塁夜雨(こるいのやう)=根小屋城)」
「少寺秋月(しょうりんのしゅうげつ)」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
160321鎌倉古道上道を行く4。高崎〜藤岡本郷第1踏切 denの段だらウォーキング日記 5冊目/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる